七五三はお参りしないと意味がない!混雑を避けるためにはいつ行くべき?参拝のおすすめ時期を紹介

七五三 お参り 時期

11月と言えば七五三ですよね。半年以上前から頭を悩ませている人もいるのでは?
七五三は写真撮影だけではなく、成長を祝い健康を祈るお参りこそがメイン!
参拝において混雑を避ける方法、おすすめのお参り時期を紹介します。


スポンサーリンク


七五三のお参りはいつ?

混雑を避ける方法の前に、そもそも七五三のシーズンはいつなのか確認しましょう。


七五三は何月何日

11月=七五三のイメージはあっても、具体的に何日が
七五三の日付なのかまではご存知ではない方の方が多いのでは?

七五三は、11月15日がその日となっています。

この由来としては、

① 旧暦の11月15日は「鬼宿日(鬼が出歩かない日)」であり、
  何をするにも吉であるとされていたため、
  この日に健康祈願等を行うのがよいとされていた
② 天和元年11月15日に徳川徳松(江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉の長男)の
  健康を祈って始まった行事に基づく
③ 旧暦の霜月(11月)の15日は秋の収穫を祝う「霜月祭」の日であり、
  実りの秋と子供が将来実を結ぶさまをかけて一緒に祝うようになった

など様々な説があります。
どの由来においても、「子供の成長を祝う」という七五三の趣旨は同じです。
大事なのは御託じゃなくて、気持ちですよね。


お参りの時期は?

七五三 お参り 時期

それではお参りも11月15日に行うべきなのか、と言われると、
必ずしもそうではありません。

もちろん、11月15日に行くことが出来ればそれに越したことはないでしょうが、
最近は11月15日前後の大安・吉日に来る人も増えているそう。
2015年11月だと、2日(月)、8日(日)、13日(金)、19日(木)、25日(水)。
2016年11月だと、1日(火)、7日(月)、13日(日)、19日(土)、25日(金)、29日(火)。

ただ、逆に言うとこの時期は参拝客が集中することになります。
そんなときは予約をしていてもスケジュールが押したり、
他のお子さんとトラブルが発生したりと、親子どちらにとってもストレスになりうるので、
日付にとらわれず、都合のいい時に行くのがベストだと思いますよ!

現に、大安でもない普通の平日でもこの時期は七五三の子供見かけますからね。


混雑を避ける方法

予約はきちんとする!

普段は予約なしの参拝でも受け付けているところも、
七五三シーズンは予約必須となる神社が多いです。
仮に引き受けてもらえるとしても、予約優先なので待ち時間は相当なものになります。

着物姿の子供をあまり長時間待たせたくはないですよね。
トイレや食事など問題が多いので、手早く済ませたいところ。

なので、予約はきちんととりましょう。
3ヶ月前くらいに予約をすれば、大体は希望通りとれるはず。

しかし、人気が集中する神社では早く予約をしても既に埋まっていることがあります。
そんなときは、まず日程を見直してみましょう。


人気の日を避けるには

上記の通り11月15日、大安の日は予約が集中します。
また、平日より土日が混むのは当然ですよね。

もし、これらの日を避けることが出来るなら、避けたほうが予約がとりやすくなります。


10月お参り派が増えている!

七五三は具体的に
「何月何日から何月何日までにお参りしなければ意味がない」

ということはありません。

最近増えているのは、10月中に七五三のお参りや写真撮影を全て済ませてしまう方。

せっかくの晴れ姿ですから、プロのカメラマンに依頼して、
神社のお参り姿を撮影するロケーション撮影をする人も増えているみたいで、
そういう場合は肌寒い11月よりも暖かい10月中の方が都合がいいみたいです。

これらは北海道や東北地方など特に寒い地方に強い傾向ですね。


おすすめは11月後半

とは言え、特にこだわりがない方は11月15日以降の11月後半をおすすめします。

七五三のピークを過ぎ、かと言って12月には食い込んでいない絶妙な時期なので、
「七五三だ!」という気持ちをキープしながらも、混雑を避けることができます。

七五三ピーク時の流れ作業のようなお参りより、
ゆっくりと真摯な気持ちをこめてお参りをする方がいいですよね。
心の底から安心してお参りが出来るよう、早めの準備を心がけたいところです。


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ