2015年各球団のドラフト指名一覧&ドラフト分析で今後を占う!監督等のコメントもあり

ドラフト 指名 分析 出典:https://twitter.com/12kyudannowa

10月22日のドラフト会議が終了し各球団の指名が出揃ったので、
今回のドラフトは「どう見るべき?」と簡単に分析してみました。
各選手の高校、大学名、企業名と投手、内野手、外野手といったポジションはもちろん、
監督の期待のコメントも紹介しています。


スポンサーリンク


セ・リーグ

東京ヤクルトスワローズ

1 原樹里(東洋大)投
2 廣岡大志(智弁学園高)内
3 高橋奎二(龍谷平安高)投
4 日隈ジュリアス(高知中央高校)投
5 山崎晃大朗(日大)外
6 渡邉大樹(専大松戸高)


分析

真中監督「1位のくじに外れたけれど、バランスよく指名できた」

投手3人、内野手2人、外野手1人という好バランスを評価。
1位のくじ引きでは痛恨の確認ミスがありましたが、結果には一安心ですね。
原樹里さんには、先発完投型で即戦力としての活躍が期待されています。
高橋奎二さんは、昨年の選抜優勝投手。
真中監督の後輩である山崎晃大朗さんは俊足と強い肩がアピールポイントに。


読売ジャイアンツ

1 桜井俊貴(立命大)投
2 重信慎之介(早大)外
4 與那原大剛(普天間高)投
4 宇佐見真吾(城西国際大)捕
5 山本泰寛(慶大)内
6 巽大介(岩倉高)投
7 中川皓(東海大)投
8 松崎啄也(日本製紙石巻)内


分析

堤GM「ディフェンスの重要性を考えた」

今シーズンは打撃不振に悩み、点を取るべきところで取れなかった巨人。
それにも関わらず、1位は豪快な投げっぷりが持ち味の桜井俊貴に。
1年目でありながら、先発の一角を狙える超即戦力と言ってもいいでしょう。
2位も誇れる脚力の重信慎之介さんであり、派手ではないが確実なプレーを狙っている様子。

野球賭博問題、高橋由伸選手の強制引退騒動という不穏な空気を
払拭する選手になることを祈っています。


阪神タイガース

1 高山俊(明大)外
2 坂本誠志郎(明大)捕
3 竹安大知(熊本ゴールデンラークス)投
4 望月惇志(横浜創学館高)投
5 青柳晃洋(帝京大)投
6 板山祐太郎(亜大)外


分析

金本監督「高山の1位指名は将来性から。今すぐ使えるわけではないが、
     将来的に3、4番が打てる選手」


抽選でヤクルトと1位の高山俊さんを奪い合い、無事交渉権を獲得。
即戦力としてではなく、長い目で見て力をつけるだろうという判断とのこと。
また、タイガースの弱点でもある捕手を増強するため、2位には坂本誠志郎さん。
明大コンビへの期待が高まりますね。
5位の青柳晃洋さんは、右下手から140キロ超えのストレートを投げる強者です。


広島東洋カープ

1 岡田明丈(大商大)投
2 横山弘樹(NTT東日本)投
3 高橋樹也(花巻東高)投
4 船越涼太(王子)捕
5 西川龍馬(王子)内
6 仲尾次オスカル(ホンダ)投
7 青木陸(山形中央高)内


分析

緒方監督「岡田明丈は速球と変化球の完成度が高い選手」

単独1位指名となった岡田明丈さんは、150キロ超えの速球と多彩な変化球を持ち合わせた貴重な投手。
また、2位の横山弘樹さんは187センチという長身からコントロール性能抜群の変化球を投げます。
欲しがっていた即戦力投手2人の上位指名に、緒方監督も一安心の様子。


中日ドラゴンズ

1 小笠原慎之介(東海大相模高)投
2 佐藤優(東北福祉大)投
3 木下拓哉(トヨタ自動車)捕
4 福敬登(JR九州)投
5 阿部寿樹(ホンダ)内
6 石岡諒太(JR東日本)内


分析

谷監督「小笠原はパワーと駆け引きの力がつけばさらにレベルが上がる」

1位の高橋純平さんは逃しましたが、甲子園優勝の左腕、小笠原慎之介さんを獲得。
高校生離れした速球に、谷繁監督の期待も大きいようです。
直球メインの佐藤優さん、福敬登さんと合わせて、投手陣の立て直しを図っていくようですね。


横浜DeNAベイスターズ

1 今永昇太(駒大)投
2 熊原健人(仙台大)投
3 柴田竜拓(国学院大)内
4 戸柱恭孝(NTT西日本)捕
5 綾部翔(霞ヶ浦高)投
6 青柳昴樹(大学桐蔭高)外
7 野川拓斗(鷺宮製作所)投


分析

ラミレス監督「今永は大学ナンバーワン投手」

監督の期待大の今永昇太さんを単独1位指名しました。
左肩の炎症に不安があり、今秋のリーグ戦で復帰、
まだ長い回の登板にやや不安はあるものの、スライダーとチェンジアップには定評があります。
一方、2位の熊原健人さんは150キロ超えのストレート投手。
対象的な2人の投手で守りを固めていく方針のようです。


ドラフト 指名 分析

パ・リーグ

福岡ソフトバンクホークス

1 高橋純平(県岐阜商高)投
2 小澤怜史(日大三島高)投
3 谷川原健太(豊橋中央高)捕
4 茶谷健太(帝京三高)投
5 黒瀬健太(初芝橋本高)内
6 川瀬晃(大分商高)内


分析

王会長「うちは戦力的には連覇する力があるから」

指名が6人全員高校生という将来性重視の選択。
1位の高橋純平は入札が集中しましたが、見事ソフトバンクが抽選で獲得。
150キロを超す速球が魅力で、工藤監督も日本を代表する選手になってほしいと期待しています。
まずは2軍でプロ野球を勝ち抜くための体づくりから始めるようです。


北海道日本ハムファイターズ

1 上原健太(明大)投
2 加藤貴之(新日鐵住金かずさマジック)投
3 井口和朋(東農大北海道オホーツク)投
4 平沼翔太(敦賀気比高)内
5 田中豊樹(日本文理大)投
6 横尾俊建(慶大)内
7 吉田侑樹(東海大)投
8 姫野優也(大阪偕星学園高)外


分析

栗山監督「あれだけ大型で、変化球の良い投手は上原以外いない」

はずれのはずれ、という形で日本ハムにやってきた上原健太さんは、
それでも先発型の左腕というチームの補強ポイントの一つです。
2位の加藤貴之さんも動揺に左腕投手であり、左腕補強というチームの課題に真正面から向き合った形に。
2人とも、即戦力として活躍が期待されています。


千葉ロッテマリーンズ

1 平沢大河(仙台育英高)内
2 関谷亮太(JR東日本)投
3 成田翔(秋田商高)投
4 東條大樹(JR東日本)投
5 原嵩(専大松戸高校)投
6 信樂晃史(宮崎梅田学園)投
7 高野圭佑(JR西日本)投


分析

伊藤監督「平沢には将来的にチームの顔になってもらいたい」

1位の平沢大河さんを抽選で引き当てて満足気のロッテ。
走攻守がともに揃った平沢さんには、ロッテを牽引する選手になっていただきたいところ。
2位以下は、経験豊富な本格派右腕の関谷亮太さん、
左腕のテクニック系高校生成田翔さん、横手投げの東條大樹さんという多彩な投手陣で
チームの守りを固めています。


埼玉西武ライオンズ

1 多和田真三郎(富士大)投
2 川越誠司(北海学園大)投
3 野田昇吾(西濃運輸)投
4 大瀧愛斗(花咲徳栄高)外
5 南川忠亮(JR四国)投
6 本田圭祐(東北学院大)投
7 呉念庭(第一工大)内
8 國場翼(第一工大)投
9 藤田航生(弘前工高)投
10 松本直晃(四国IL香川)投


分析

田辺監督「多和田は直線が浮き上がってくる。先発で使いたい」

10人のうち7人が大学生・社会人・独立リーグの投手を指名ということで、
経験があり即戦力となる選手を重視しているようです。
今季は救援陣の駒不足に悩んだ経験を活かして、2位の川越誠司さんにはセットアッパーを期待。


オリックス・バファローズ

1 吉田正尚(青学大)外
2 近藤大亮(パナソニック)投
3 大城滉二(立大)内
4 青山大紀(トヨタ自動車)投
5 吉田凌(東海大相模高)投
6 佐藤世那(仙台育英高)投
7 鈴木昴平(三菱重工名古屋)内
8 角屋龍太(ジェイプロジェクト)投
9 赤間謙(鷺宮製作所)投
10 杉本裕太郎(JR西日本)外


分析

福良監督「1位の吉田を若手と競争させたい」

1位の吉田正尚さんは173センチという身長が気になりますが、
大学通算17本塁打、大学日本代表では4番を打っていて、
チームナインにとって良い刺激になるのではないかと言われています。
今年の夏の甲子園決勝戦出場高校から、吉田凌さんと佐藤世那さんを指名しています。


東北楽天ゴールデンイーグルス

1 オコエ瑠偉(関東第一高)投
2 吉持亮汰(大商大)内
3 茂木栄五郎(早大)内
4 堀内謙伍(静岡高)捕
5 石橋良太(ホンダ)投
6 足立祐一(パナソニック)捕
7 村林一輝(大塚高)


分析

梨田監督「センターラインがしっかりすれば、チームは強くなる」

1位の平沢大河さんを外したのは痛手でしたが、その分中堅の守備が固いオコエ瑠偉さんに期待大。
守備、走塁ともに既に1軍以上と言われています。
4位まで野手指名と狙いを絞った指名になっています。


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ