女のヒトカラ(一人カラオケ)のコツと注意点!おすすめの店舗は?


新久千映さんの漫画『おひとりさま』『ワカコ酒』などにもあるように、
現在、一人で行動する女性はどんどん増えています!
中でも、ヒトカラはやってみたい、でもきっかけが……、という人は多いのでは?
ここでは、ヒトカラの中でも特に女性が楽しむコツと
注意点についてまとめていますので、参考にしてください!

スポンサーリンク

女性がヒトカラに行くメリット

一般的なヒトカラのメリットと言えば、

・ 好きな曲を何回でも歌える
・ 他人を待つ時間がない
・ 他人の歌を聞く必要がない
・ 周りを気にせず歌える


などなど、多くありますよね。

私が特に女性にヒトカラをおすすめする理由は、ストレス発散になるから!

女性にとってストレスは大敵です!
大きな声で歌うのはストレス発散になりますよね。

かと言って、人と一緒にカラオケに行くと、
順番待ちやノリが悪いと思われないよう気遣いが必要になって、
逆にストレスを感じてしまう人が多いのではないでしょうか。

一人で伸び伸びと歌うことのできるヒトカラこそ、
女性におすすめしたいと思います!


女のヒトカラのコツとは

ヒトカラ 女 注意
とは言え、女一人でカラオケって変に思われないかな?と思う方もいますよね。
ここでは、少しでもスムーズにヒトカラができるコツをまとめています。


ヒトカラに行く前にすべきこと

まず、ヒトカラに行く店舗の会員登録はしていますか?
最近はネットで会員登録を済ませることができる店舗もあるので、
事前に登録できる場合はしてしまいましょう。

これによって、受付で一から登録する時間を減らすことができ、
他の客と遭遇するリスクを抑えることができます。

また、受付でモタモタしないために、下記のことを決めておきましょう。

・ カラオケの機種は何にするか
・ 何時間利用するか
・ ワンドリンク制の時は最初のドリンクを何にするか


おすすめ曜日・時間帯

週末より平日の方がヒトカラに向いている、というのは、
恐らく誰でも思いつくことだと思います。

しかし、意外に店舗によってムラがあり、
平日昼間でも高齢者の集団に遭遇することはあります。
平日ならオープンとほぼ同時に入るのも選択肢としてはアリです。

どうしても他の人の前で「一人です」と言う度胸がない!という人は、
秘技「あとから一人来るかも知れないんですが」を使いましょう。


ドリンクバーがセルフの店を選ぶ

ドリンクバーが注文の度に店員が持ってくるタイプだと
その度に歌を中断、店員と1対1という気まずい空間が生まれてしまいます。

なので、グラスだけ受け取って、自分でドリンクバーに行くタイプがおすすめです。


女のヒトカラの注意点とは

座る位置に注意

殆どのカラオケは窓ガラス部分がすりガラスで目隠しされていますが、
それでも時折覗いてくる嫌なヤツはいるものです。

私は数えきれないほどのヒトカラ経験のうち、
勝手に入ってきた男性なんていませんでしたが、
不安な人は、

・ ドアのすぐ近くなど覗けない位置
・ フロントへの電話の近く
・ すぐに逃げられる場所


を選んで座るとよいでしょう。


貴重品の管理が必要

これは女性に限ったことではありませんが、
人と一緒に行くときは部屋に放置できる貴重品を持ち歩かなければなりません。

トイレやドリンクバーを取りに行くなどの短時間であっても、放置は危険です。

他にも、ヒトカラ特別料金によって料金が高くなる場合や、
フリータイムが使えない場合もあるので注意しましょう。


ヒトカラおすすめ店舗

最近はどこでもヒトカラをやっているので、
「ここじゃなきゃだめ!」という店舗はありません。

「ワンカラ」「ヒトカラの鉄人」などヒトカラ専門店は行きやすいですよね。
それ以外にもヒトカラ奨励!の店舗としては、「歌広場」があります。

個人経営の小さい規模ではない限り、
ほとんどの店でヒトカラは可能ですから、恐れず行ってみましょう!

是非、ヒトカラを楽しむ人がもっと増えて欲しいと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ