アニメ紅白にオタクがっかり?残念な理由は?曲と歌手の一覧をチェック!AKB48やゴールデンボンバーなど

アニメ紅白 がっかり 残念

2015年12月31日(木)午後7時15分から放送される『第66回NHK紅白歌合戦』では、「ラブライブ!」のμ’s出演に加え、「アニメ紅白」が開催されることに。
早速、特別企画の出演者が発表されましたが、その内容に「がっかり」の声。
その理由と、アニメ紅白の内容、曲や歌手の一覧を紹介しています。

スポンサーリンク

アニメ紅白に「がっかり」の理由は?

視聴率低下に伴うテコ入れ的な特別企画「アニメ紅白」。
誰しも、「あ、オタクの視聴率を集めたいんだろうな」と察したのではないでしょうか。

特に今年のμ’s出演には、露骨なオタク媚びという批判もありましたね。
そんな中の「アニメ紅白」、まずアニメのラインナップはこちらです。

・ 機動戦士ガンダム
・ 美少女戦士セーラームーン
・ ポケットモンスター
・ 新世紀エヴァンゲリオン
・ ちびまる子ちゃん
・ 妖怪ウォッチ
・ 鉄腕アトム


…………。
正直、世のオタクが求めているアニメ紅白って、多分こういうのではない……。

と思いつつ、まあ、NHKですからね。
時代遅れ感が否めないとしても、仕方ない。

本気で視聴率が欲しい!と考えるなら、UNISON SQUARE GARDENに「シュガーソングとビターステップ」歌わせた方がよっぽど視聴率は上がりそうですし、
まあ時期的に無理があったとは思いつつ、A応Pに「はなまるぴっぴはよいこだけ」歌ってもらえば、瞬間視聴率が跳ね上がるだろうな、とも。

でもまあ、それはさておいても、高橋洋子さんの「残酷な天使のテーゼ」は楽しみ。
そう思っていました。

が、なんと今回のアニメ紅白、「歌うのは本人ではない」そうです!

AKB48やゴールデンボンバーなど紅白歌合戦の出場者が歌うことが発表されました。

ラインナップの微妙さ×本人じゃない

このコンボをがっかり、中途半端、残念以外のなんという言葉で表現していいのか。
個人的に白組の司会がウィスパーじゃなかったら絶対見ません(ウィスパーすき)。

さて、そのがっかりアニメ紅白の曲と歌手一覧を見てみましょう。


アニメ紅白曲一覧

・『機動戦士ガンダム』より「翔べ!ガンダム」/TOKIO
・『美少女戦士セーラームーン』より「ムーンライト伝説」/AKB48
・『ポケットモンスター』より「めざせポケモンマスター」/郷ひろみ・ゴールデンボンバー
・『新世紀エヴァンゲリオン』より「残酷な天使のテーゼ」/石川さゆり・miwa
・『ちびまる子ちゃん』より「おどるポンポコリン」/E-girls・大原櫻子
・『妖怪ウォッチ』より「ゲラゲラポーのうた」/キング・クリームソーダ
・『鉄腕アトム』/V6


妖怪ウォッチのキング・クリームソーダしか救いがない……。
とは言え、TOKIO兄貴らの「翔べ!ガンダム」なんかはまあ一周して楽しめそうですね。

別にAKB48その他出場者の皆さんを嫌いだとかそういうことはないんですけど、これを機会に嫌いになる人はいそうだなという感じです。

出場歌手のファンもアニメファンも幸せになれないアニメ紅白、あなたは見ますか?


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ