次の天赦日+一粒万倍日は2015年12月!年末ジャンボを買うといい日はいつ?

9月28日は福山雅治さんと吹石一恵さんカップル、そして千原ジュニアさんの結婚、三浦理恵子さんの再婚で沸き立つ中、「何故こんなにもめでたい話が集中した?」という疑問がふつふつと。

天赦日
そんな中に出てきたのが「天赦日」と「一粒万倍日」。
聞き慣れない言葉ですが、実はとっても縁起のいい暦のこと。
それぞれ年に何回かあるものの、2015年9月29日(火)はそれが重なる「天赦日」+「一粒万倍日」。
吉日×吉日の素晴らしい日だったんですね。

おいおいもう終わっちゃったよ、という方、ちょっと待って下さい。
実は、この「天赦日」と「一粒万倍日」のコンボ、2015年にもまだあるんです!



スポンサーリンク


それは、12月14日(月)です。

吉日が重なるこの日は何かを始めたり、宝くじを買ったりするのにはおすすめの日だそうです。
せっかくなので、この2つの吉日の由来や意味を理解して、ご利益を狙いましょう!



天赦日と一粒万倍日とは?

天赦日について

「てんしゃにち」又は「てんしゃび」と読みます。
漢字が示すとおり、「がすべての罪を」としており、

この日は、陰暦の1年中で最上の大吉日とされています。
ことに婚姻には最大吉日で、その他に開店、新規事業の開発、発明、研究結果の発表には最良の日とされています。

東京神宮館
出典:http://jingukan.co.jp/m/midokoro/tenshabi.html


なのだそう。
何月何日が天赦日かは、春夏秋冬の季節と日の干支で決まり、年に5、6回あります。



一粒万倍日について

「ひとつぶまんばいび」と読みます。

「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/一粒万倍日


つまり、小額の投資に大きなリターンが望める日ということ。
うーん、この暦と株式等の投資との関係性って誰か調べていませんかね。

一粒万倍日を決めるのは、月と日の干支なので「一粒万倍日」は毎月あり、年だと30回ほどあります。
回数が多い分、他の吉日・凶日と被りやすく、吉日と重なったときは一粒万倍日の効果が倍増すると言われています。



2015年の年末ジャンボは12月14日に!

さて、この「天赦日」と「一粒万倍日」が重なるスーパーラッキーデーは前述したとおり、宝くじを買うには持って来いの日。
年末ジャンボは大体11月から発売になりますから、恐らく発売期間中ですよね。
地域によっては売り切れてしまうこともあるのかもしれませんが、大体は12月14日でも買えるのではないかと思います。

縁起のいい日に買って1等を目指しましょう!

ただし、ここで注意したいのは宝くじは自分のお金で買うこと。
実は、「一粒万倍日」にお金やものなどを「人から借りる」と「苦労の種が万倍になる」と言われており、よくありません。

やはり自分の懐から出して買うのが大切みたいです。


いかがでしたか?
年末ジャンボと言えば、「どこの売り場でよく出る」とか「意外な地方でも1等が出る」とか言われていますが、今年は暦の力を借りてみませんか?
また、宝くじだけでなく、何か新しいことを決意するにはとてもイイ日です。
新年を迎える前ですが、来年の豊富を先取りして大きなことを実行してみませんか。




スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ