マツコの「ミッキー先生」で話題の東京ディズニーシー&ランド!2倍楽しむキャラクターグリーティングのコツはこれだ!

『夜の巷を徘徊する』は、軽快なスタジオトークでお馴染みのマツコ・デラックスさんがロケ、しかも夜の街を「徘徊」する異色バラエティ番組。

10月1日の『夜の巷を徘徊する』のロケ地は、東京ディズニーシー。
夜のシーでマツコ・デラックスさんが挨拶に向かったのは、「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」でした。
呼び捨てには出来ないとのことで、ミッキーを「ミッキー先生」と呼ぶマツコさん。

ミッキー先生-キャラクターグリーティング
ミッキー先生とマツコ・デラックスさんの貴重の2ショットです。

ミッキー先生-キャラクターグリーティング 出典:http://matome.naver.jp/odai/2144369544724060301

マツコさんとぎゅっとくっついて、少し戸惑っているミッキーがかわいいです。

このようにミッキーたちと楽しく会話したり触れ合ったりすることをキャラクターグリーティング
いわゆるキャラグリといいます。
アトラクションには一切乗らず、これだけのために東京ディズニーランド、そして東京ディズニーシーに
来る人もいるくらい。

せっかくなので、ただ写真を撮るだけではない「キャラクターと双方向的にやりとりをする」キャラクターグリーティングのコツをご紹介します!



スポンサーリンク


キャラクターグリーティングのコツ!

フリーグリーティングより、グリーティング施設・場所へ

「フリーグリーティング(フリグリ)」は、グリーディングを行っている施設や場所で行うのではなく、敷地内を歩いてゲストに挨拶をしているキャラクターに自分から話しかけて接触するもの。

フリーグリーティングは、自分からキャラクターを捕まえて、グリーティング時間中独り占めすることになるので、小さい子ならまだしも「いい歳して……」と思ってなかなか行きにくいものです。

それならいっそ、グリーティング施設にきちっと並んで、決まった時間キャラクターと触れ合うほうが、グリーティング初心者には気が楽!
心の準備も出来て、じっくり触れ合えます。

以下、TODAYや公式ホームページで実施時間が公表されているグリーティング施設等を紹介します。
シーの方が実施施設が多いので、色んなキャラに会いたいならシーがおすすめですよ。


キャラクターグリーティング-トレイル 出典:http://disneycolors.blog7.fc2.com/blog-entry-863.html

東京ディズニーシーのグリーティング施設・場所

ミッキーの家とミート・ミッキー
メインエントランス整列グリーティング


東京ディズニーランドのグリーティング施設・場所

アリエルのグリーティンググロット
“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック
ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル
ヴィレッジ・グリーティングプレイス
ディズニーシー・プラザ整列グリーティング
ケープコッド・クックオフ横整列グリーティング
アラビアンコースト整列グリーティング


言葉ははっきり!感情は大きく!

人目があると恥ずかしいかも知れませんが、キャラクターと触れ合う時は、
大袈裟なくらいのリアクションをしましょう。

「あなたが好き!」「一緒に写真を撮りたい!」といった気持ちをアピールすると、
キャラクターもそれに合わせてテンションを上げてくれます。


キャラクターグッズを身につける

「これだ!」という好きなキャラクターがいれば、そのキャラクターのグッズを身につけましょう。
帽子なんかは分かりやすくていいアピールになります。

話しかけるの緊張するなあ、という人は特におすすめです。
グッズを見たキャラクターの方から、「自分のグッズをつけてるね」という具合に話しかけてきてくれますよ!


キャラクターのリアクションに注目する

ディズニーのキャラクターたちはプリンセス等を覗いて、グリーティングでは言葉を発しません。
だから、全身を使って「何かを言おう」とします。

これを上手く汲み取ることが出来ると、双方向のやりとりが成立します。
もちろん、複雑な動きをするわけでもないので、そんなに難しくありません。
「ハグしようよ!」や「もっと近くで写真を撮ろう!」という感じ。
誘われたら、ノリ良くくっついたりハグしたりしましょう!


ゲスト、キャスト、キャラクターへの感謝の気持ちを忘れない

グリーティングをする中で、他のゲストやキャストに写真を撮ってもらったり、ゲストに順番を譲ってもらったりすることがあると思います。
明るく接してくれたキャラクターへの感謝はもちろんですが、親切にしてくれた方には積極的に「ありがとう!」を伝えましょう。

また、他のゲストとキャラクターの撮影を手伝うと、キャラクターの気遣いで次に撮影出来ることが多いです。
だからというわけではありませんが、是非同じキャラクターを好きな人同士、思いやりを持って助け合いたいですね。



キャラクターグリーティングまとめ

最初は緊張すると思いますが、キャラクターとやりとりをしていくうちに、「自分とキャラクターだからこそ生まれたやりとり」があると思います。

アトラクションも楽しいですが、一度グリーティングを目的として、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに行ってみるのも楽しいと思いますよ!


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ