【退場伝説】森勇介はなぜサッカー選手を続けられるのか?悪童の結婚、妻は誰?

森勇介-ラフプレー 出典:http://jp.quumu.com/u/ei2/Ly6

SC相模原の森勇介選手と言えば、2015年6月14日に完全移籍したSC相模原vsグルージャ盛岡線において退場処分となり、J1、J2、J3の全てのカテゴリーで退場処分という非情に不名誉な記録を達成したことで話題になりました。


10月4日のSC相模原vsレノファ山口FC戦においても、肘打ちで一発退場となり、山口側からは「更生しろ!」というごもっともな野次が。
もはや「悪童」という名前が許されるほどの歳でもなくなってきた森勇介選手、実は2006年に結婚しており、
一時期はそれで落ち着くのでは?と言われていました。
(まあ、落ち着いていませんが)
妻は誰なのか、そしてそもそもなぜサッカー選手を続けられるのか、といった疑問についてまとめてみました。



森勇介、レースクイーンと結婚

森勇介-結婚 出典:http://avispaflag.com/blog/?page_id=2583

どのような男性に対してもよく言われるのが、「結婚すれば落ち着くから」。
「悪童」というあだ名から、森勇介選手も独身ゆえの暴走か?と思われるかも知れませんが、実は2006年12月にレースクィーンの塚本真由さんと結婚しています。

2006年時点ですでに、ベガルタ仙台で警告と退場を連発した結果、選手登録を抹消されていますし、2005年には移籍した川崎フロンターレvsセレッソ大阪戦において、ベンチから審判に向かって暴言を吐いたとして、試合に出場していなかったにも関わらず退場処分になるなど、悪童と呼ぶに十分な経歴を持っていました。

それが約10年経った今でもまったく治っていないのですから、真由夫人は今頃どのように思っているのでしょうか。


更生を諦めるネットの声


中には、いっそ安心する、というようなツイートも。



なぜ、サッカー選手を続けられるのか?

大きな事件を起こしたというより、慢性的に警告・退場を起こしている森勇介選手。
退場があるたびに議論になるのが、「なぜ森勇介は選手を続けていられるのか?」ですよね。

攻撃性の高さが評価されている

Q.どんなに悪態をついてもそれが帳消しになるほど、彼は世界的にも上手い方なのでしょうか?
A.世界レベルではありませんが、攻撃面だけならば日本代表級。守備面では巧いとは言い難いですが、体は強く、運動量豊富。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13128712273


「点をとる」というサッカーにおける重要な部分において才能があるので、チームとしては使い続けたいと思っているものの、あまりにイエローカード、レッドカードをもらってくるので、結果として戦力にならない、チームのイメージも悪くなってしまうから、と泣く泣く手離しているイメージがあります。

ナビスコ杯における不遜な態度に対して、試合停止処分が下ったときには、所属チームの川崎フロンターレ自体も準優勝賞金5000万円を自主返金していますよね。
本来もらえた5000万円を一人の選手の態度で返さざるを得なくなるというのは、たとえその選手がどんなに優秀でも外さざるをえないのかなあ、と。

戦力外通告と言いつつも、能力は十分にあり、結果としてどこかのチームに拾われている、ということでしょうか。



もはや森勇介選手の代名詞ともなっているラフプレーですが、当たりによっては相手選手に致命的な怪我を与えてしまう恐れも十分あります。
出来れば、持ち前の攻撃性を正しい方向で試合に活かしてもらえるといいなあ、と思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ