『こころを病んで精神科病院に入院していました』はリメイク作!原作とあまりに違いすぎる絵柄に驚きの声!作者の安藤たかゆきとは?

こころを病んで精神科病院に入院していました-精神病院-安藤たかゆき 出典:http://www.amazon.co.jp/こころを病んで精神科病院に入院していました。-メディアファクトリーのコミックエッセイ-安藤-たかゆき/dp/4040677382

最近、ネットの広告で『こころを病んで精神科病院に入院していました』というノンフィクション漫画をよく見かけるようになりました。

丸々として可愛い絵柄から「精神疾患からの回復ドキュメンタリー漫画かな?」と思い、とりあえず検索をかけてみたところ、この漫画の作者「安藤たかゆき」さんの元のペンネームは「雲虎」さんと言うそう。(ひどい名前だ……)
そして、『こころを病んで精神科病院に入院していました』の原作となった雲虎さん時代の作品『精神病院』は、絵柄もストーリーもまったく異なる、グロテスクで、えげつない作品でした。

あまりに衝撃的だったので、リメイク作である『こころを病んで精神科病院に入院していました』と、原作である『精神病院』を比較したいと思います。

※ 『精神病院』『こころを病んで精神科病院に入院していました』を紹介するにあたり、見る人にとってはショッキングな画像を引用しています。
  びっくり系や狂気系の画像が苦手な方はこちらか、目次の「1.3 なぜ絵柄が変わったの?」 をクリックしてもらえば、引用箇所を飛ばせます。



スポンサーリンク


『精神病院』はネットで全話読める!

『精神病院』はpixivニコニコ静画で全話読むことが出来ます。
『こころを病んで精神科病院に入院していました』はpixivにて1~5話まで公開されています。



絵柄の違い

リアル路線からソフトなタッチへ

リメイク作『こころを病んで精神科病院に入院していました』の絵柄がこちら。
こころを病んで精神科病院に入院していました-精神病院-安藤たかゆき 出典:http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=50485670

対して、原作『精神病院』の表紙はこちら。
こころを病んで精神科病院に入院していました-精神病院-安藤たかゆき 出典:http://seiga.nicovideo.jp/comic/6837?track=list

全然違うーーー!」と思わずびっくりしてしまいました。
原作だけ借りて作画は別の人か?と思いましたが、どちらも安藤たかゆき(雲虎)さんの作品です。



『こころを病んで精神科病院に入院していました』にも不安な描写はあり

しかし、『精神病院』における作者の不安や恐怖の描写は『こころを病んで精神科病院に入院していました』にも健在。
こころを病んで精神科病院に入院していました-精神病院-安藤たかゆき 出典:http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=50941140

ところどころ不安になるんですよね。



なぜ絵柄が変わったの?

絵柄が変わった理由については、安藤たかゆきさんがpixivにアップしているオマケ回で言及しています。

『精神病院』を20以上の編集部に持ち込んでダメだったところ、コミックエッセイの担当者が「絵を可愛くすればいけるかも」と言ったことがきっかけだったそう。

確かに『精神病院』の方がパニックホラー感があって作品としては面白いと思うのですが、ホラー感が押し出されすぎて買う人読む人が限られそうだな……と。
精神科病院という題材に対して興味を持つ人は一定数いると思うので、絵柄でわざわざハードルを上げず、エッセイという形にする方が売り物にはしやすかったんでしょうね。




ストーリーの違い

ネタバレになってしまうので詳細は伏せますが、やはり『こころを病んで精神科病院に入院していました』の方が希望があり、心温まる展開になっていると思います。

絵柄に合わせて、マイルドになったと言いますか。
どちらも一人の人間が経験したことなのに、描き方でこうも変わるか、と。
なので、読み比べてみると面白いですよ。



作者の安藤たかゆきって?

出身は埼玉県、pixivの職業は「大学生・院生」となっていますがこれはいつ時点のものでしょうか?
現在、吃音症と統合失調症で通院しつつ漫画を描いているとのこと。

単行本デビュー作は『こころを病んで精神科病院に入院していました』ですが、
作品は他にもpixivアカウントニコニコ静画にアップロードされています。


精神疾患の患者が何を感じているのか、というのは、それを経験した人にしか分からないですよね。
だからこそ人は、こういったエッセイを読んで少しでも知ろうとするのではないかと思います。
私もその一人。
私は『精神病院』の絵が好きなのですが、ネットでも読めるのでそちらで楽しもうと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ