10月15日放送モニタリング 声優・金田朋子(金朋)が心霊ロケでどっきり!おじいちゃん幽霊と遭遇、娘に伝えたい想いとは?

金田朋子 モニタリング 出典:http://arukunews.jp/5758.html

10月15日放送のニンゲン観察バラエティ「モニタリング」にて、
声優・金田朋子さんのナイスリアクションが話題に。
歴代最高のリアクションと言われた幽霊タクシーに続き、今度はおじいちゃん幽霊と遭遇です。

スポンサーリンク

金田朋子とは

出生地  神奈川県横浜市
生年月日 1973年5月29日(42歳)
血液型  B型
身長   150 cm
職業   声優、ナレーター、タレント
事務所  アクロス エンタテインメント

金田朋子さんは、声優さんの中でも他のタレントに混じって
バラエティ番組に顔出しで出演している珍しい部類のお方。

一時期は、半オネエキャラとして三ツ矢雄二さんもテレビに出ていましたが、
金田朋子さんはその濃いキャラクターで現在もモニタリングで大活躍中。

その特徴はなんと言っても高い声。
「ヘリウムガスを吸っても、あまり声が変わりません!」と言うほど、高いんです。

私としては、ボンバーマンジェッターズのシロボンが印象的でした。
BD-BOX買いますよ!

さて、そんな金田朋子さん。
あまりに激しいリアクションに、ネットではヤラセなのでは?という声も。

金田朋子ヤラセ疑惑?

恐らく声優だけをやっていた時からのファンはみんな揃って言うでしょう。

「ヤラセでも何でもなく、これが金田朋子」

ボケっとしてて謝って男子トイレ入り、謝りながら逃げ帰ったり、
自分の車と間違えて知らない人の車に乗って「違います」と言われたり、
マイペースで興味対象がぽろぽろ変わったり、

とにかく自由なんです。

「金朋地獄」と言われるほどの突拍子のなさはバラエティ向きというか、
いっそバラエティ殺し!
ひな壇でのトークよりも、自由にできるモニタリングの方があっていますね。

私は、ヤラセはないと思っていますよ。
声優時代のラジオとかも大体こんな感じでした。

さあ、気になる10月15日放送の「モニタリング」です!

幽霊モノ新作はおじいちゃん

今回のモニタリング、金田朋子さんは、
「夢を追う娘とそれに反対する父親」というドがつく修羅場ロケへ。
その修羅場ロケで幽霊と遭遇したら、
金田朋子さんはロケを続ける?続けない?
というモニタリングです。

声優になるために専門学校に通いたいという娘、
しかし声優という不安定な道を歩ませたくない父親。

金田朋子-モニタリング
二人の言い争いに挟まれて、タジタジの金田朋子さん。
説得しようにも相変わらずの電波発言で父親にはまったく通じません。

金田朋子-モニタリング
そこで、突然庭から顔を出す一人の男性。
「あのね」と声をかけた瞬間、金田朋子は「キャー!」と大騒ぎ。

人がいる、人がいる、というものの、なんと父娘には見えていないよう。
そこで金田朋子さんは気付きます。

金田朋子-モニタリング
その男性が、遺影に写る、死んだおじいちゃんだということに。

「幽霊がいる!」

そう思った金田朋子さんはパニックに。

金田朋子-モニタリング 金田朋子-モニタリング
ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!!と叫ぶ金田朋子さん。
あまりの動揺っぷりにディレクターがカメラを止めるよう言いますが、「大丈夫!」と。

そして、一生懸命おじいちゃんの言葉を父娘に伝える金田朋子さん。
ですが、説得はなかなか上手くいきません。

金田朋子-モニタリング
ついに部屋にまで入ってきたおじいちゃんと距離をとりながら、
机を囲ってぐるぐるしつつ、説得する方法を考える金田朋子さん。

金田朋子-モニタリング
ネタバレした後は、安堵で泣いてしまいました~!

金田さんのナイスリアクションには笑わせてもらいましたが、
おじいちゃんの言葉を一生懸命伝えようとする優しさが
ちょっと暖かい気持ちにさせてくれました。


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ