巨人・原監督、辞任を表明!引退後はどうする?後任は川相昌弘、それとも江川卓?気になる嫁と息子の反応

原監督 辞任 出典:http://yomiuri.konowadai.com

巨人の原辰徳監督が、ついに辞意を表明したことが話題になっています。
ここで気になるのは後任ですよね。
侍ジャパンを率いた名将の跡継ぎだけあって、注目が集まります。
また、これまで原監督を応援し続けた家族についてもまとめています。


スポンサーリンク


原辰徳の監督歴

約12年の監督経験

2001年のシーズンオフ、長嶋茂雄監督の後任として、第14代巨人監督に就任し、
2004年からの2年間を除いてずっと巨人の監督を務めてきました。

第一次監督時代は、引退前の桑田真澄選手や故障中の河原純一選手を大胆に用いた
戦略で結果を残し、監督初年度で日本シリーズを優勝しています。

長い第二次監督時代においても、選手の意外な才能を上手く伸ばして、
巨人を勝利に導き、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表監督にも就任しています。
世界最優秀監督にも選出されていましたが、
原辰徳監督は今季が2年契約の2年目で球団から正式な続投要請は出ていませんでした。


原監督の後任はプレッシャー

世界最優秀監督の後任なんてあまりにプレッシャーが重すぎますよね。
世間の評価もそうですが、長年原監督の指導下にいた選手にとっても、
新しい監督との折り合いをつけるのには手間取りそう。

さて、ここでは後任候補として名前が挙がっている人を紹介します。


後任は誰?川相?江川?


川相昌弘

原辰徳 川相昌弘 出典:http://www.giants.jp/G/player/prof_27224.html

現役時代は読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズに所属。
通算533本の犠牲バントがギネス記録にもなっている「バント職人」です。

現在、巨人の一軍ヘッドコーチを務めています。
川相昌弘コーチが最有力と言われているのは、2015年4月に
原辰徳監督がB型インフルエンザウイルスに感染して自宅で療養することとなった際に、
監督代行を務めた過去があるからです。


江川卓

原辰徳 江川卓 出典:http://tamineta2.com

エースとして通算135勝をあげた記録を持つ、現在野球解説者・タレントの江川卓さん。
巨人戦をメインに分析した解説・評論活動を長く行っており、
巨人というチームがおかれた現状を第三者として把握している人でもあります。

名より実をとるなら川相ヘッドコーチだと思いますが、
名をとるなら、江川卓さんでしょうか。


原監督の家族構成

プロ野球球団の監督業務は、生半可な業務量ではありません。激務でしょう。
原辰徳監督をこれまで支えてきた家族にフォーカスしてみます。


嫁・明子夫人

原辰徳 松本明子 嫁 出典:http://laughy.jp/1428548890996134266

原辰徳監督は1986年5月8日に松本明子さんとの婚約を発表しました。
同年の秋には結婚披露宴を開いています。

明子夫人はなんと原監督よりも6歳年上の姉さん女房。
大学時代からの交際を実らせたという一途な恋愛結婚です。


息子・嘉宏は残念な……

原辰徳 息子 出典:http://laughy.jp/1418870417163101374

今年23歳になるという原辰徳監督の息子・嘉宏さん。
幼い頃から野球を教えていましたが、まったくやる気になってもらえなかったという、
名選手及び名監督のジュニアとしてはちょっと残念。

しかし、本当に残念なのはそんなことではありません。

慶應幼稚園から慶應大学まで(お金の力で)進学しましたが結局中退。
KAT-TUNの赤西仁率いる赤西軍団に所属し、
六本木や西麻布界隈で遊びまわっているという噂です。
いわゆる「ウェーイwwww」系です。

非公開ですが、Twitterアカウントもありますので、
興味がある方はフォロー申請をしてみてはいかがでしょう?

お金の力で甘やかしすぎた息子は、父の監督辞任をどう思っているのでしょうか。

原監督の後任はプレッシャーですが、監督時期が長かった分、
「原辰徳の指導しか経験したことのない選手」も結構いますよね。
新しい巨人の幕開けだと思って、まずは原監督にお疲れ様と言いたいですね。

監督退任後について

10月19日、正式に原辰徳監督の退任が発表されました。
引退後の活動については、

「まだまだ私は若いし、エネルギーもある。
少しゆっくりしてからそこから何かあるならばアクションを起こしたいと思う」

出典:http://www.sanspo.com/baseball/news/20151019/gia15101920370010-n1.html


と前向きなコメントがありました。


スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ